個別指導性の医学部専門予備校を選ぶメリット

クラス制のメリットは、料金を安く抑えられる点

大学受験のために通う予備校は、一般的に集団で授業を受けるクラス制です。
しかし大学の医学部を目指すための専門予備校では、クラス制より個別指導を採用するケースが多くあります。
クラス制のメリットは、料金を安く抑えられる点にあります。
一人の講師が一度に多くの生徒を指導できるため、その分料金を抑え生徒の金銭的な負担を減らすことができます。
しかしクラス制の集団指導体制は、一人一人の生徒に合わせたきめ細かな対応ができません。
たとえば得意分野のためすでに完璧に理解している生徒にも、位置から丁寧に教えていく必要があります。
反対に苦手とし理解が進んでいない生徒に対して、わかるまで丁寧に教えることもできません。
一人の生徒にかかりきりになると他の生徒の学習が進まない結果になるので、バランスを考えながら指導していく必要があります。
生徒にとっても理解できている範囲をいつまでも教えてもらうよりも、少しでも先に進んでレベルアップしたいでしょう。
苦手な生徒は理解できなままだと今後の勉強もわからないままになりかねないので、もっと丁寧に教えて欲しいと不満を持ってしまうはずです。
料金が安いメリットは運営側にも生徒にも大きなメリットとなりますが、その一方で限られた時間の中で勉強する必要がある大学受験においては、不利になるデメリットも多数存在してるわけです。
一般的な学部の大学を目指すなら、こうしたデメリットがあってもまだ大丈夫かもしれません。

クラス制のメリットは、料金を安く抑えられる点個別指導を採用している医学部受験専門予備校は多くあります医学部を目指すならしっかりとした予備校を選んで受験対策をしましょう